こんにちは!愛知県豊明市に拠点を置き、名古屋市をメインに東海4県で保温工事・断熱工事・防音工事・保冷工事・ラッキング(板金)工事を手掛ける有限会社豊明保温工業です。
今回は、建造物には欠かせない断熱工事についてご紹介いたします。

断熱工事とは?

家を建てる時に屋根や壁に断熱材を設置することは、ご存じの方も多いですね。
ですが、弊社で行う断熱工事というのは、いわゆる保温工事のことであり、配管やダクトなどに断熱材を巻き付ける工程のことを指します。
ビルやマンション、学校施設などの規模の大きな建物内には、空調や換気、そして火災時の消火のための配管が縦横無尽に設置されています。
これらの配管は、むき出しの状態では冷房の冷たい空気は外気の影響で温まり、逆に温風は冬の冷気で冷やされてしまいます。
それに伴って、結露も起き、金属の配管などは錆びや劣化の原因となりますね。
それらを防ぐために、断熱材を巻き付けて、配管を通る空気の温度を保温し、外気からの影響をシャットアウトして配管そのものも守ります。

熱絶縁工事と国家資格

弊社で行っている以下の工事をひっくるめて、「熱絶縁工事」と言います。
・保温工事
・保冷工事
・耐火工事
・板金工事
・防音工事
・断熱工事
各工事をそれぞれ条件の異なる現場で適正に行うためには、ただ技術があるだけではこなすことができません。
建物の用途によっても異なるニーズに合わせて、適切な素材や工法を考えられる専門知識が必要となります。
弊社では、国家資格である「熱絶縁施工技能士」を有するスタッフを現場に配置しています。

熱絶縁施工技能士を目指す!

ひと口に断熱工事といっても、施工するものの形状も用途もさまざまであり、建物によってニーズも異なることもあるため、それらに合わせた素材や施工法を考える知識が必要となります。
熱絶縁施工技能士を取得することで、これらの工事に関する専門知識を持っていると評価されます。
熱絶縁工事を建物に施すことは、エネルギーを有効活用することにもつながり、地球の環境保護にも貢献することになります。
弊社で行う業務は、立派な社会貢献の役割を果たしていると自負しております。

一緒に社会貢献を目指しませんか?

弊社で手がける保温工事は、確実に社会に貢献しています。
その誇りを持って、一緒に働きませんか?
ベテランスタッフが丁寧に技術指導しますので、未経験者でも安心して確かな技術を身に付けられます。
奥が深い保温工事の技術を身に付けて、社会に役立つ仕事をしませんか?
採用情報ページをご覧いただき、皆様からのご応募をお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


名古屋市などの断熱工事・保温工事・板金工事は(有)豊明保温工業
ただいま現場スタッフ求人中です!

〒470-1124 愛知県豊明市三崎町井ノ花13番地の2
電話:0562-93-3305 FAX:0562-93-3306
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする