こんにちは!愛知県豊明市に拠点を構え、保温・保冷工事、断熱工事、ラッキング工事を手がけています有限会社豊明保温工業です。
弊社の手がけているさまざまな工事は、現代社会のインフラ整備に欠かせない仕事です。
特に熱絶縁工事である断熱工事は、さまざまな役割を担っています。
弊社では断熱工事を行う際には、熱絶縁施工技能士であるプロの国家資格を持つ職人が携わっています。
この資格を持つ求職者の方は、その力を弊社で活かしませんか?

豊明保温工業で扱う断熱工事


一般的に断熱工事といえば、保温・保冷工事のことを指します。
しかし弊社でいう断熱工事とは、現場にてプロの国家資格を持つ弊社スタッフが、吹付け硬質ウレタンフォームを吹付ける工事のことです。
吹付け硬質ウレタンフォームは、ポリウレタン樹脂を主成分として発砲させた断熱材で、スポンジ状です。
硬質ウレタンフォームは小さな硬い泡の集合体であるため、熱を伝えにくい空気が閉じ込められており、断熱性が大変優れています。
弊社で扱う断熱工事に携わる国家資格は熱絶縁施工技能士で、区分は吹付け硬質ウレタンフォーム断熱工事作業です。
この資格取得者は、弊社でその力を活かしてみませんか?

断熱工事の重要性

断熱工事は、冷たい気体や液体を運ぶ過程で、温度が上昇するのを防ぐために行う工事です。
配管内の温度が上昇してしまうと無駄な熱エネルギーが発生してしまい、エネルギーの効率が悪くなってしまいます。
また、火事が起きないようにするためにも、断熱工事はとても重要な工事です。

インフラ整備に欠かせない仕事

断熱工事は小中学校などの公共設備や民間マンション、オフィスビルや商業施設、プラント設備などの工場など、現代社会のインフラ整備に欠かせない仕事です。
例えば空調ダクトの配管の断熱が十分でないと、冷暖房の効率が悪くなり、消費電力が増してしまいます。
また、ダクトの表面に結露が発生すると、しみやカビ、ダニが発生し、基礎や金属が腐食してしまいます。
ほかにも、厨房などのダクト内部は発火性が高いので、不燃性、耐火性のある断熱材を使用しなければいけません。
このように断熱工事は、インフラ整備に欠かせない重要な工事です。

【求人】豊明保温工業では新規スタッフを募集中!


豊明保温工業では、新しく現場に携わっていただけるスタッフを募集しております。
弊社では、熱絶縁施工技能士の資格を持つ方を求めています。
ぜひ、その力を弊社の断熱工事で活かしてください!
弊社では同時に、保温工、板金工も募集しております。
未経験者も大歓迎です。
弊社入社後に、弊社先輩スタッフが優しく指導いたします。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


名古屋市などの断熱工事・保温工事・板金工事は(有)豊明保温工業
ただいま現場スタッフ求人中です!

〒470-1124 愛知県豊明市三崎町井ノ花13番地の2
電話:0562-93-3305 FAX:0562-93-3306