熱絶縁工事士として大変なこととは


まず、熱絶縁工事と聞いてピンとこない方が多いのではないでしょうか。

 

この工事は、さまざまな機械や空調、衛生設備などの配管やダクトなどに、断熱材や板金などの外装材を巻き、熱の拡散を防ぐ役割を担っております。
保温・保冷工事などと呼ばれることもあります。

 

そんな熱絶縁工事を行なうには、設備に応じて適切な保温材・保冷材を選択する知識や、溶接のような加工技術など、相応のノウハウを身につけなければなりません。

 

また、規模が大きい施工になると「熱絶縁施工技能士」という国家資格を保有するスタッフを配置しなければならず、高い専門性を習得する必要があります。

 

このように、熱絶縁工事士として活躍するためには地道な努力と、実績の積み重ねが求められるのです。

一生モノのスキルを身につけるチャンスです!

熱絶縁工事士としての仕事は大変なことが多いですが、やりがいは十分です!
民間の大型マンションや、小学校・中学校などが施工現場であることが多く、建物利用者の快適な生活を支える大切な仕事だからです。

 

そんな熱絶縁工事士として、あなたも活躍してみませんか?
やる気があってしっかりとあいさつできる方であれば、経験の有無は問いません。

 

資格取得支援制度の完備や、道具一式の貸与など、仕事に必要なノウハウは充実の教育体制でしっかりとサポートいたします。

 

「人の役に立ちたい」「手に職をつけたい」このようにお考えの方は、ぜひ面接にお越しください。
みなさまからのご応募を心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。


名古屋市などの断熱工事・保温工事・板金工事は(有)豊明保温工業
ただいま現場スタッフ求人中です!

〒470-1124 愛知県豊明市三崎町井ノ花13番地の2
電話:0562-93-3305 FAX:0562-93-3306